企業が行う不正会計の手口とは?

更新日:2021年7月18日

こんにちは


大門綜合会計事務所スタッフです。


毎週金曜日、会計・財務、税務、監査、内部統制関連のTips等をお伝えしています。

38回目の今回は税務研究協会の経営財務に以

下のような記事があったのでご紹介します。

<海外会計トピックス 企業が行う不正会計手口10種>

https://www.zeiken.co.jp/keieizaimu/article/no3471/index.php

経営財務 No.3471

(リンク先は会員の方のみ閲覧可能)

元のサイトはこちらですね

<Top 10 ways companies cook the books>

https://www.accountingtoday.com/list/top-10-ways-companies-cook-the-books

accountingtoday August 18, 2020

要約すると・・・、

・経済環境が悪化してくると,事業計画との

関係で経営者は大きなプレッシャーを感じる

ようになる。

・不正会計(粉飾決算)の誘惑に耐えきれ

なくなる経営者もいるため、投資家は十分な

注意が必要となる。

・SEC(証券取引委員会)は, 2012年から内

部通報制度を設置し, 5億ドル(約525億

円)を超える報償金の支払いが行われている。

・この制度と関連し, 企業の不正会計につ

いての報告書を出している。

その報告書での,不正会計の手ロトップ10は

次のとおりだそうです。

①収益計上時期が不適切

②架空売上

③押し込み販売(預かり在庫)

④第三者間取引

⑤経営者による不正な見積り

⑥費用計上すべきものを資産計上する

⑦資産計上以外の方法で費用の不適切な処理

⑧見積や予測の不適切な設置

⑨非GAAP報告によるミスリード

⑩不十分な財務報告に係る内部統制

以前のメルマガで、不正のトライアングルに

ついて、お話しました。

その中では不正は「動機」、「機会」、「姿

勢・正当化」の3つの要素により起こるもの

であり、

これらの3要素が発生しないように企業の環

境や内部統制を整える必要があるとお話しま

した。

上記のTop10を見てみると、ほとんどが3要素

がそろった場合には実行可能な不正となりま

す。

例えば、営業成績を上げたい営業マンは機会

と姿勢があれば①~④の不正を行う可能性が

高くなります。

また、管理状況を良く見せたい経理・財務担

当者は⑥~⑦の不正を行う動機があると言え

ます。

では、⑤、⑧~⑩はどうでしょう?

これらは、従業員が行うものではなく、経営

者が主導して行われることが多い不正と言え

ます。

所謂、経営者不正と言われるもので、従業員

不正と比較すると、金額も影響も大きいもの

になりがちです。

会社の経営者は従業員不正が行らないように、

不正の3要素を抑えたうえで、内部統制を構

築する必要がありますが、

経営者不正は内部統制で防ぐことは出来ませ

んし、影響は従業員不正より非常に大きくな

るのです。

もし、株式投資等で企業に投資をしている場

合には、従業員不正よりも経営者不正を意識

して投資先をモニタリングする必要があるで

しょう。

#企業会計 #不正