top of page

No.164(2023/5/26): AI「ChatGPT」が米国公認会計士試験に合格


こんにちは


大門綜合会計事務所スタッフです。


毎週金曜日、会計・財務、税務、監査、内部統制関連の基礎・Tips等をお伝えしています。

(大門綜合会計事務所への会計監査等のご依頼・料金相場・価格表等はこちらから)


164回目の今回は、AI技術の進化とその会計

業界に与える影響について考察します。特に

注目したいのは、AI「ChatGPT」の最新バー

ジョンが米国公認会計士試験に合格したとい

うニュースです。


<AI「ChatGPT」が米国公認会計士試験に合格>

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2023-05-23/RV37NLT0AFB401

2023年5月23日 ブルームバーグ


この記事を引用、要約すると:


・生成人工知能(AI)「ChatGPT」の最新

バージョンが米国公認会計士試験の合格ライ

ンを上回る結果を収めた。全ての試験に合格

し、平均スコア85.1%という好成績を挙げま

した。


・一方、前バージョンのChatGPT3.5は数カ月

前に行われた試験では不合格だったと伝えら

れています。その後の数カ月でパフォーマン

スの改善が見られたのは、推論・行動を可能

にする新たなプラグインの導入が主な要因と

見られています。


・しかし、この技術がすぐに会計監査や納税

申告に活用できるわけではないとの見解も述

べられています。むしろ、退屈な作業をこな

す手助けとなり、私たち会計士はより面白い

分野に集中できるとの視点が提示されていま

す。


というものです。


AI技術の進化が会計業界にもたらす影響は無

視できません。AIが公認会計士試験に合格す

るというニュースは、技術の進歩の証であり、

この成果がどのように業界に影響を与えるか

を考察することは必要です。


しかしながら、同時にAIがすべての作業を代

替するわけではないという現実も忘れてはい

けません。AIは退屈な作業の助けとなり、会

計士はより専門的な作業に集中できる可能性

があります。


AIと人間の共存する未来を想像することは、

驚くほど興奮することであり、同時に業界が

直面する新たな挑戦でもあります。しかし、

この進歩は、会計業界がさらなる高みへと突

き進むための大きな機会でもあります。


このような技術進歩のニュースを追い続け、

AIの進化が我々の業界をどう変えていくのか、

引き続き注視していきたいと思います。





と、ここまで読まれた方で何か違和感を感じ

た方はいらっしゃいますでしょうか。


今回、ここまでの記事は全てChatGPTにニ

ュース記事と私の過去のメルマガを読み込ま

せて書かせたものとなります。


過去の私の文章より良いと思われたのであれ

ば、私の仕事の一つは既にAIに奪われたとい

うことを物語っています・・・。

Comentarios


bottom of page