top of page

No.159(2023/4/7): 2023年3月の日銀短観~大企業製造業期5四半期連続の悪化~


こんにちは


大門綜合会計事務所スタッフです。


毎週金曜日、会計・財務、税務、監査、内部統制関連の基礎・Tips等をお伝えしています。

(大門綜合会計事務所への会計監査等のご依頼・料金相場・価格表等はこちらから)




159回目の今回は、今週発表された日銀短観

についてお伝えします。




3カ月ごとに発表される日銀短観。


ご紹介が恒例となっていますが、毎回読まれ

ている方は今回の日銀短観がどのような結果

となったか、


世の中の流れからある程度の想像はつくかも

しれません。


また3月の日銀短観は、日本で最も多い3月決

算企業において、決算の着地がある程度見え

ている状態で回答しているため、


3月決算の先行指標ともなるものです。



<景況感、5期連続悪化 日銀3月短観製造業、資源高響く 非製造業は改善続く>

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20230403&ng=DGKKZO69833710T00C23A4MM0000

2023年4月3日 日経新聞


引用、要約すると・・・、



・日銀が3日発表した3月の短観で、大企業製

造業の景況感を示す業況判断指数(DI)は、

前回の12月調査から6ポイント悪化のプラス1

だった


・悪化は5四半期連続


・資源やエネルギー価格の上昇を転嫁する動

きが続く


・大企業非製造業は感染症対策の緩和が追い

風で、プラス20と前回から1ポイント改善し


となっています。



毎回お伝えしていますが、日銀短観は以下の

ようなものです。



①日銀が全国の企業約1万社を対象として、3

か月ごとに実施しているアンケート調査


②調査項目は、


(1)「企業が自社の業況や経済環境の現

状・先行きについてどうみているか」などの

項目(判断項目)


(2)「売上高や収益、設備投資額といった

事業計画の実績・予測値など」(年度計画)、


(3)物価見通し


(4)新卒者採用状況等々


③ ②(1)の「自社の業況」についての回答

から作る「業況判断DI」((注)DI=diffusi

on index)が最も注目されている


④「業況判断DI」は「自社の業況」につき

『良い』から『悪い』と答えた企業の構成比

(%)を引き算した数値


⑤景気が良いとプラス方向に、景気が悪くな

るとマイナス方向に振れる。


⑥このため、業況判断DIを3か月ごとにつな

いでグラフ化すると、景気の波が読み取れる。



短観は3カ月に1度、日銀が全国の約1万社に

景況感や収益見通し、設備投資計画などを聞

き取る調査で、


対象が幅広く速報性も高いことから、景気の

現状や先行きを読む材料として注目されてい

ます。





前回2022年12月14日発表の時点では、製造業

が悪化し、非製造業がプラスとなっていまし

た。


このトレンドは2022年6月の短観から継続し

ており、


今回も、製造業においては資源価格やエネル

ギー価格の高騰が景況感を下押しする状況が

続いています。



一方、非製造業は経済活動の正常化で景況感

の改善が続き、4四半期連続で改善していま

す。



先行きは大企業製造業全体でプラス3と足元

から小幅の改善を見込まれ、原料高の一服を

見込む企業も見られます。


一方、大企業非製造業全体の先行きは、物価

上昇や人手不足への懸念からプラス15(5ポ

イント悪化)となっており、


今後の悪化を見込んでいる企業が多い状況と

なっています。

Comments


bottom of page